法人概要

利用者一人ひとりの夢や目標を実現させるために

「たまん」命名の由来

「たまん」命名の由来

「たまん」とはもともと「ハマフエフキ」という魚で、沖縄の方言で「たまん」という名称になっております。
突き出た口吻が笛を吹くような感じのため名付けられたとわれ、マダイやイシダイと同じ側扁型で力強いという印象の魚です。そしてその「たまん」は糸満市の市魚にもなっており、私達「就労支援センターたまん」が市民の皆様に親しまれ地域に浸透して活動していけるように、そして利用者の皆さんが、国境のない大海原を「たまん」(魚)のように自由に泳いで、社会へ羽ばたいていけるよう願って「たまん」と命名しました。

経営理念

私たちは、地域に根ざした施設づくりをめざします

  • 一「たまん」は、障害のあるなしに関わらず、すべての人の長所、得意な分野を伸ばし自信をつけさせる
  • 人間育成を基本理念とし、公平、公正な法人運営に努め、人間育成を通し、社会に貢献する。
  • 一「たまん」は、事業を通し、利用者、職員等の物心両面の幸福を追求する。
  • 一「たまん」は、常に質の高い支援と倫理性、先駆性、独自性を発揮し、健全で活力のある経営に努め、就労支援を始め、地域社会から必要とされる複合施設経営を目指す。

沿革

平成11年 3月29日 糸満市より法人施設建設用地の無償貸与の確約書が交付される。
  6月29日 社会福祉施設整備計画書を沖縄県へ提出する。
平成12年 8月16日 沖縄県より、平成12年度社会福祉施設整備等施設整備費国庫負担内示を受ける。
  8月23日 糸満市と土地の無償貸与契約を締結。
  11月11日 施設建設工事請負契約書締結「建築・電気・衛星・空調・昇降機・浄化槽」。
平成13年 3月21日 「社会福祉法人たまん福祉会」が法人許可される。
  7月31日 「知的障害者授産施設たまん」建物引渡し。
  8月20日 たまん建物竣工検査。
  8月21日 理事会において、2代目、理事長に金城幸範氏を選出する。
  9月1日 「知的障害者授産施設たまん」が開所する。
  9月3日 第1回たまん利用者入所式挙行。(42名)
    たまん家族会発足
  9月28日 「知的障害者授産施設たまん」落成祝賀会、祝賀会を挙行する。
  10月25日 送迎及び作業用公用車整備。
  11月11日 糸満市手をつなぐ親の会と共催でチャリティー演芸のつどいを開催する。
平成14年 4月1日 第2回利用者入所式挙行。(10名)
  8月1日 総務省より補正を受けて10人乗りワゴン車を購入。
  9月1日 「たまん」創立1周年記念式典挙行する。
  11月2日 糸満市手をつなぐ親の会主催のチャリティー演芸の集いに糸満福祉共同作業所と共催で参加する。
平成15年 3月1日 事務用公用車整備。
  3月31日 知的障害者入所更生施設等の指定をうける。
  4月1日 第3回利用者入所式挙行。(5名)
  5月23日 平成14年度決算理事会を開催し、承認される。
    評議員制度導入に伴い評議員15名を選任。
  7月16日 第1鉄骨ビニールハウス前、軒だし(雨よけ)工事。
  11月2日 糸満市手をつなぐ親の会主催のチャリティー演芸の集いに糸満福祉共同作業所と共催で参加する。
  11月28日 沖縄県共同募金会より補助金を得て、園芸班専用トラックを購入する。
  12月5日 第1回評議員会を開催する。
平成16年 1月30日 日本財団より補助金を得てリフト付ワゴン車を購入する。
  3月31日 第1鉄骨ビニールハウス前に屋外トイレを整備。
  5月31日 第1鉄骨ビニールハウス内自動灌水設備整備。
  9月4日 第1回たまん祭を開催する。
平成17年 3月17日 第2回役員改選、理事7名、監事2名、再任され、理事長に金城幸範を選任。
  4月1日 第4回入所式を挙行する。(2名)
  9月12日 宮城一成様より宅地2筆(956m2、1,009m2)を購入する。
  10月7日 沖縄県共同募金会より補助金を受けてダンボール班専用トラックを購入する。
  10月15日 第2回たまん祭を盛大に開催する。
  10月19日 沖縄県社会福祉大会で「たまん」の施設長が特別永年勤続表彰を受ける。
平成18年 4月1日 障害者自立支援法が施行される。
    第5回入所式を挙行する。(7名)
  5月1日 駐車場屋根設備。
  5月17日 沖縄県社会福祉協議会いきいき長寿センターより助成金を受けて農園芸トラクターを購入する。
  7月1日 沖縄県立浦添職業訓練校より、障害者の態様に応じた多様な委託訓練の委託を受け、訓練生を5名受け入れる。
  9月9日 社会福祉法人たまん福祉会、「知的障害者授産施設たまん」創立5周年を祝う。
平成19年 4月1日 第6回入所式を挙行する。(2名)
  7月1日 沖縄県立浦添職業訓練校より障害者の委託訓練生を受け入れる。(5名)
  9月21日 第4回たまん祭を盛大に開催する。
  12月6日 伊敷亀三氏と農地(1.222m2)の購入契約を締結する。
平成20年 2月6日 伊敷亀三氏より購入の農地(1.222m2)の移転登記完了する。
  2月14日 沖縄県より補助を得て、第2鉄骨ビニールハウス(836m2)、貯水用地下タンク(100t)を建設する。
  4月1日 障害者自立支援法による新体系(就労移行支援事業(定員20名)・就労継続支援B型事業(定員40名))へ移行し、「就労移行支援事業所たまん」へ施設名称を変更する。
    第7回入所式を挙行する。(3名)
  6月5日 屋外トイレ新設工事。
  7月1日 沖縄県立浦添職業訓練校より障害者の委託訓練生を5名受け入れる。
  10月18日 第5回たまん祭を盛大に開催する。
  11月28日 第2鉄骨ビニールハウス横、擁壁工事。
  12月1日 沖縄県立浦添職業訓練校より障害者の委託訓練生を2名受け入れる。
平成21年 2月14日 畑地、585坪を仲宗根朋子氏より5年契約で借用する。
  3月10日 中央競馬馬主社会福祉財団より助成を得て「たまん」建物屋上、防水工事を施工する。
  3月31日 日本財団より助成を受けて29人乗りマイクロバスを購入する。
  4月1日 第8回入所式を挙行する。(2名)
  5月13日 (財)ヤマト財団より助成を受け、オリジナルプリントTシャツ製作機器を購入し、贈呈式を行う。
  10月18日 第6回たまん祭を盛大に開催する。
  11月2日 ダンボール資材搬入のため、フォークリフトを購入する。
平成22年 2月5日 沖縄県より、オリジナルプリントTシャツ製作用フルカラー複合機の補助を受ける。
  4月1日 第8回入所式を挙行する。(5名)
  10月16日 第7回たまん祭を盛大に開催する。
平成23年 2月16日 「美ら島沖縄総体 2010」糸満市実行委員会から感謝状を授与される。
  4月1日 第9回入所式を挙行する。(7名)
  9月2日 「たまん」10周年記念式典・祝賀会を盛大に挙行する。

組織図



組織図

障がい者の「働きたい」を応援するたまんのご利用を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください TEL:098-995-1992

サイト内検索

メールでのお問い合わせ

行ってみよう たまんへのアクセス

  • オリジナルプリントTシャツ
  • フォトギャラリー

社会福祉法人たまん福祉会

就労支援センターたまん

相談支援センターたまん

利用日時:月〜金 午前8:30〜午後5:30

休館日:土日、祝祭日及び12月31日〜1月3日、慰霊の日
電話番号 098-995-1992
FAX  098-995-1310
E-mail      info@taman.or.jp
 


このページのTOPへ