就労移行支援コース

「たまん」内で仕事、就労訓練、求職活動などを行い一般就労に取り組みます 就労移行支援 定員20名

就労移行支援コースの流れ

「たまん」の就労移行支援コースは、「トライ班」の1班があります。
「トライ班」は主に、就労に向けた訓練、生産活動訓練を行います。
平成26年5月時点で企業等に34名の利用者が就職されています。

就労移行支援コースの流れ

対象者

特別支援学校、卒業生、在宅、離職者など

就労を希望し、単独で就労することが困難であるため、就労に必要な知識及び技術の習得もしくは、就労先の紹介その他の支援が必要な65歳未満の者。定員は10名。

就労支援について

上記プログラムに基づいて、就労支援を行います。「たまん」では「たまん」内での仕事(生産活動)を行いながら就労支援を行うのが特徴です。もちろん給料もお支払いします。
利用者は、給料をもらいながら就職に向けた就労支援に取り組むことができます。
就職に向けた基礎的な準備が整った利用者から、面接訓練や履歴書作成等の具体的な就職訓練に入ります。
就職に向けて楽しく一緒に学びながら頑張りましょう!

就労支援
  • 栄養士による栄養管理講座
    栄養士による栄養管理講座
  • 就職した利用者による講話
    就職した利用者による講話
  • 就職に向けた企業実習
    就職に向けた企業実習
トライ班

就労移行支援「トライ班」では、8名の利用者が在籍しています。
(平成26年4月1日現在)就職へ向けたビジネスマナー訓練、面接技法、職場見学、職場実習などを行いますが、「たまん」内でも仕事を行います。
「たまん」では、沖縄県内にあるダンボール業者から資材を搬入し、組立作業を行います。この作業をとおして、集団での作業訓練や協調性の向上などの訓練を行います。

就労支援

一般企業との取引となりますので、仕事中は皆真剣です。初めのうちは、担当の支援員がサポートします。
どの利用者も初めは戸惑いますが、徐々に仕事に慣れると自ら仕事を行うことができるようになります。
また、この仕事で得た収入から、費用を差し引いた額を給料(工賃)としてお支払いします。

トライ班作業の様子

  • 段ボール組立作業:ボンド塗り
    段ボール組立作業:ボンド塗り
  • みんな真剣です
    みんな真剣です
  • 受託作業:フードパック数え
    受託作業:フードパック数え

トライ班所属 利用者 R・Hさん

浜川玲子さん

私は、「たまん」のトライ班で楽しく仕事しています。いろんな作業も頑張っています。いろんな利用者がいて戸惑う事もあるけど、早く再就職してたくさん給料をもらいたいです。

トライ班所属 利用者 M・Uさんの母(家族会会長)

M・Uさん

「たまん」は、利用者、それぞれの個性や性格を認め、やる気を育んでくれるところだと私は思います。だからこそ、卒業後7年間も毎日、喜んで出かける娘の姿があるのだと・・・。
金子みすずの「みんなちがってみんないい」の詩が聞こえてくるような「たまん」に出会えて本当に良かった。そして感謝です。
これからも、娘と共に「たまん」を通しての出会いをめいっぱい楽しみたいと思います。

  • たまんで過ごす一日
  • メールでのお問い合わせ
  • ご利用までの流れ

障がい者の「働きたい」を応援するたまんのご利用を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください TEL:098-995-1992

サイト内検索

メールでのお問い合わせ

行ってみよう たまんへのアクセス

  • オリジナルプリントTシャツ
  • フォトギャラリー

社会福祉法人たまん福祉会

就労支援センターたまん

相談支援センターたまん

利用日時:月〜金 午前8:30〜午後5:30

休館日:土日、祝祭日及び12月31日〜1月3日、慰霊の日
電話番号 098-995-1992
FAX  098-995-1310
E-mail      info@taman.or.jp
 


このページのTOPへ